無農薬野菜のミレーの放射能対策は?

無農薬野菜ミレーは朝の取立て野菜をその日のうちに直送してくれるので野菜本来の味が味わえると評判です。しかし今時代一番心配なのは放射能汚染でしょう。いくら無農薬で育てていたとしても、その土壌が放射能で汚染されているならば安全な食物とは言えないでしょう。

 

無農薬野菜ミレーの放射能対策はどのようになされているのでしょうか?

 

放射能検査を定期的に第三社機関(財団法人千葉県薬剤師会検査センター食品検査部)に依頼し検査結果を公表しています。測定法は「ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法」というもので簡易測定では調べられない細かい測定も可能です。しかもこれらの公的機関の検査結果を月に一度公表することによって安全の開示に努めています。

 

注目に値するのは2012年4月より日本の野菜などの生鮮食品に含まれる放射性物質セシウムの含有量規制値が500ベクトルから100ベクトルへとより厳しくなったという点です。これはかなり厳しい測定値で正直日本のどこで野菜を育てるとしても、100ベクトル以下というのは厳しい基準でしょう。しかし無農薬野菜ミレーではこの千葉県が指定した厳しい査定を通過した野菜のみを出荷しています。もし100ベクトルを超えるようなことがあれば決して出荷されることはありません。

 

無農薬野菜ミレー安全性は法的に有効な検査結果開示に加えて、各野菜の生産者の顔をホームページに掲載することに表れています。一つ一つの野菜が全く安全であることを証明するために生産者一人一人が責任を持っているのです。

 

以上のことから無農薬野菜ミレーは放射能対策を含む安全対策という点では全く心配いらない業者と言えるでしょう。